現代に必要な節約生活

バナナを保存するときの生活のテクニック

現代に必要な節約生活 昔は病気の時にしかバナナは食べられなかったとされます。日本では栽培が難しいのでほとんど輸入に頼っています。今は1年中スーパーの店頭に並んでいます。健康番組などで出されるとすぐになくなることもあります。このバナナですが扱いが非常に難しいです。買ったときはきれいな黄色だったのに家に持ち帰ると黒ずんでいて、次の日にはすでに柔らかくなっていることがあります。

バナナは衝撃に弱いようです。自宅まで持ち帰る間に他の食材などに当たってそこから傷んできます。またバナナ同士が一定のガスを出しそれによって傷みやすくなります。これは他の野菜や果物も同じです。できるだけ他の野菜などの影響を受けないように、また衝撃を与えないようにすればきれいな状態で長く保存することができ生活にとって助かります。

バナナは大抵数本が房の状態で売られています。このまま保存するのは良くありません。一本一本房から切り離します。そして一本一本ラップに包むか袋に入れて封をします。これによって他の野菜などのガスの影響を受けなくなります。夏以外なら常温で保存します。日本の夏は猛暑なので常温だと暑すぎることがあります。夏は野菜室などに保存しておけば傷みにくくなり黄色い状態を維持できます。

注目情報

Copyright (C)2019現代に必要な節約生活.All rights reserved.