現代に必要な節約生活

自分の好きな形のゆで卵を作る生活の方法

現代に必要な節約生活 子供のためにお弁当を作るのが生活の日課になっているお母さんもいるでしょう。旦那さんのために作っている人、自分のために作る人もいます。自分で作って自分で食べるときは中身がわかっているので開いたときの感動も少なめになりますが、作ってもらったときにはドキドキすることもあります。いつもとは少し違っていると食べる楽しみが増えることもあります。

お弁当の具の中では卵を使ったものが入ることがあります。定番は卵焼きでそれ以外にスクランブルエッグ、ゆで卵があります。ゆで卵は2つに切ったもの、輪切りにして並べるなどが普通の方法になります。丸が基本のゆで卵ですがちょっと工夫をすることで丸以外の形にすることができます。あの固い卵をどうやってこの形にしたのか悩ませることもできます。

まずは普通にゆで卵をゆでます。この時点では普通の卵の形です。そしてきっちりゆであがったらまだ熱い状態で殻をむきます。これが少し大変かもしれません。むき終わったら型を用意してそこにゆでた卵を押し入れます。そしてしばらくそのままにして冷まします。冷ました後に型から抜き取ると型通りのゆで卵になっています。ゆでたての状態はまだ柔らかいため形が変形しやすくなっているためです。

Copyright (C)2019現代に必要な節約生活.All rights reserved.