現代に必要な節約生活

魚焼きグリルの汚れを簡単に取る生活の技

現代に必要な節約生活 日本では魚がよく取られます。そのために食卓に上ることも多いでしょう。魚料理として定番なのは焼き魚です。ガスレンジでは多くの機械に魚焼きグリルがついています。コンロは上に付いていますがグリルはコンロの下の部分にあります。真ん中あたりに引き出しがありその部分に魚を置いて焼きます。魚焼きグリルとして知られていますがトーストなども焼けます。

ただ魚焼きとして使っているとそれ以外ではなかなか使いたいと感じなくなります。それはかなり臭いがつくからです。また魚を焼くときには脂などがかなり出ます。その脂を受ける皿の部分も汚れて臭いの素になります。焼いた後にすぐに洗うなどしないとこびりついてしまうのでできるだけ早く対処します。簡単に汚れを取ることができる生活の方法を実践してみるといいでしょう。

魚焼きグリルの皿には水を張っていることが多いです。この中に片栗粉を入れて混ぜておきます。そして魚を焼きます。するとグリルの中はかなり熱され、脂もどんどん皿の方に落ちていきます。そして焼いてしばらくするとグリルの中は冷えます。皿の部分を見ると固まっているのがわかります。片栗粉が熱されて固まった状態です。これは簡単につるんと皿から取ることができます。

注目情報

Copyright (C)2019現代に必要な節約生活.All rights reserved.