現代に必要な節約生活

ゆで卵を作るとき黄身が真ん中になる生活の技

現代に必要な節約生活 中身が入っている食べ物を食べるときなかなか出てこないと本当に入っているのか不安になることがあります。やっと出てきたと食べ進めると逆の方にぎりぎりまで入っていたようです。この状態だと逆から食べると最初はすぐ具が出てきてうれしいですが後半は何もない状態になり寂しく感じるようになります。真ん中に入っていれば気分的にも安心することができます。

ゆで卵を作って輪切りにするときにも黄身がない部分とある部分に分かれます。黄身の位置がずれるとない輪切りが多くなります。できるだけ均等にするには真ん中になるようにゆでられるとよいです。生活の技としてゆで卵の黄身を真ん中にする方法を知っていると重宝します。一般的にはゆでるときに卵を適度に動かし続ける方法があります。すると常に真ん中にある状態になりきれいにゆであがります。

適度に動かす方法はゆでている間ずっと菜箸などで動かさなければいけません。他の料理などを作ることができません。もっと簡単な方法があります。冷蔵庫で保存しているときと逆さの状態をキープするようにゆでます。鍋の底に卵が固定できるものを置きその上に卵を立ててゆでると真ん中になります。冷蔵庫の中では少し下に位置していますが逆にすることで真ん中の位置になります。ゆでている間に位置が固定されます。

注目情報

Copyright (C)2019現代に必要な節約生活.All rights reserved.